サッカー日本代表、歴代監督日本人監督は少ない? | ☆日本サッカー応援団☆

☆日本サッカー応援団☆

〜気になる最新情報を随時更新〜

サッカー日本代表、歴代監督日本人監督は少ない?

   

52aeeeb11998年フランスW杯出場から日韓・ドイツ・南アフリカ・ブラジルと5大会連続で出場を続けているサッカー日本代表。今では、W杯出場が当たり前のように言われているが、フランスW杯前はアジアの壁に何度も阻まれていました。1994年アメリカW杯のアジア予選でまさかの予選敗退となったドーハの悲劇は日本サッカーを語る際に外せないものだはないでしょうか!?そんな、日本サッカーの歴史にはたくさんの有名選手がいますが、忘れてはいけないのは監督の存在です。今回は日本代表監督にスポットライトを当てていきたいと思います。

Sponsored Links

ハンス・オフト(オランダ)

j‚́iƒjjA‰^“®‚S‚P‚P‚rA‚SŒŽ‚Q‚O“ú•t’©Š§ˆÈ~Žg—pA‰ð‹ÖŒµŽç@@uƒh[ƒn‚̔ߌ€v‚Æ‚¢‚í‚ê‚é‚X‚S”N•Ä‘‘å‰ï‚̃AƒWƒAÅI—‘IBÅŒã‚̃Cƒ‰ƒNí‚ðˆø‚«•ª‚¯A‹ƒ‚«‚¶‚á‚­‚é’Œ’Ji¶j‚ðˆÔ‚ß‚éƒIƒtƒgŠÄ“‚X‚Ri•½¬‚Tj”N‚P‚OŒŽ‚Q‚W“úAƒh[ƒn‚̃Aƒ‹ƒAƒnƒŠ‹£‹Zêi‹¤“¯j【就任期間】1992年5月〜1993年10月
主な大会/1992AFCアジアカップ、1993〜1994W杯アジア予選
試合成績/33試合、16勝・9敗・8分

日本にJリーグが誕生後、最初の日本代表監督AFCアジアカップ1992、東アジア選手権1993でタイトルを獲得するなど好成績を収めたが、1994年アメリカW杯アジア予選で惜しくも敗退し(ドーハの悲劇)、解任となった。その当時の主要メンバーは、ラモス瑠偉・中山雅史・三浦知良・堀池巧・井原正巳・柱谷哲二など現在も日本サッカー界で監督、コーチ、解説など多方面で活躍するメンバーが顔を揃えています。

パウロ・ロベルト・ファルカン(ブラジル)

1270【就任期間】1994年5月〜1994年10月
主な大会/1994年アジア大会
試合成績/9試合、3勝・2敗・4分

前監督ハンス・オフト(欧州路線)とは違う南米路線の監督を、ということで選ばれたが、アジア大会での成績ノルマであった、大会ベスト4以上または韓国よりも良い成績を達成できず短期間での解任された。半年での解任は日本代表監督史上最短となっています。主要選手は小倉隆史・前園真聖など当時若手多くの若手選手を代表に招集していました。

加茂周(日本)

mig (2)【就任期間】1995年1月〜1997年10月
主な大会/1995キング・ファハド・カップ、1996AFCアジアカップ、1998フランスW杯予選
試合成績/51試合、27勝・14敗・10分

これまではオフト(オランダ)パウロ・ロベルト・ファルカン(ブラジル)と日本人ではない監督に任せてきたが、やはり日本人同士でなければコミュニケーションが測れないということで当時、最も実績のある日本人監督として選ばれたのが加茂周さんである。就任当時最先端であったゾーンプレスを採用し、日本人の長所を生かした個ではなく組織で戦うようになったのは加茂監督以降だと言われている。しかし、フランスW杯予選の成績不振で1997年10月のカザフスタン代表との試合後、現地で更迭された。

岡田武史(日本)

007 (1)【就任期間】1997年10月〜1998年6月
主な大会/1998フランスW杯予選、1998フランスW杯
試合成績/19試合、9勝・6敗・4分

加茂監督時代にヘッドコーチを務めていた岡田武史が加茂監督の更迭を受け、ヘッドコーチから昇格し監督になった。加茂監督の選手選考により代表から外されていた中山雅史らをチームに再招集するなどのテコ入れも功を奏し、日本代表初のW杯本選出場を果たした。ジョホールバルの歓喜はこの時のことで延長戦で決勝ゴールを決めた岡野選手は一躍スターになりました。フランスW杯の本大会ではグループリーグ3戦全敗で予選敗退。大会終了後に退任となった。

フィリップ・トルシエ(フランス)

rankingshare-36c44f9022a911e49cd006f78209233f1da0cc23cd5d02eeef【就任期間】1998年10月〜2002年6月
主な大会/1999コパ・アメリカ、1999・2000AFCアジアカップ、2001コンフェデレーションズカップ、2002日韓W杯
試合成績/52試合、24勝・11敗・17分

フランスリーグで指揮を執った経験もあり、その後アフリカで優秀な成績を収め『白い妖術師』と呼ばれていたていたトルシェ監督。日本代表就任の裏には当時名古屋グランパスの監督であったアーセン・ベンゲルの存在があったようです。そのベンゲル監督の推薦で、5年ぶりに3人目の外国人監督として就任が決定。初めてフラット3を採用し、1999年ワールド・ユース選手権で準優勝、2000年アジア・カップ優勝、2001年コンフェデレーションカップ準優勝、日韓W杯本大会では、日本代表初のグループリーグを突破。ベスト16進出を果たした。当時の主力選手は、中田英寿・鈴木隆行・小野伸二・稲本潤一などそうそうたる顔ぶれです。

Sponsored Links

ジーコ(ブラジル)

images【就任期間】2002年7月〜2006年6月
主な大会/2003年東アジアサッカー選手権、2004年AFCアジアカップ優勝、コンフェデレーションズカップ、東アジアサッカー選手権、2006ドイツW杯
試合成績/72試合、28勝・19敗・15分

日本代表監督に就任するまで監督の経験はなかったもののブラジル代表のスタッフを務めた経験・鹿島のTD(テクニカル・ダイレクター)としての経験から、前会長川淵氏の意向で就任。アジアカップで優勝を果たすも、本大会では2敗1分のグループリーグ最下位で敗退。選手達に自由を与え、個の力を活かしながら攻撃的な戦い目指しましたが惨敗しました。よってこれ以降、代表監督を選ぶ際に国際舞台での監督経験があるのかが非常に重視されるようになったようです。

イビチャ・オシム(ユーゴスラビア、現ボスニア・ヘルツェゴビナ)

ダウンロード (2)【就任期間】2006年8月〜2007年11月
主な大会/AFCアジアカップ2007予選、AFCアジアカップ2007
試合成績/20試合、12勝・3敗・5分

ジェフ千葉の監督としてチームに初のタイトルをもたらした手腕やユーゴスラビア代表監督の経験もあることからオファー。Jリーグの監督をシーズン中に引き抜くという異例の形での就任することとなった。「考えて走るサッカー」という簡単のようで奥が深いコンセプトを掲げ日本のサッカーを牽引した。しかし、2007年11月、自宅で脳梗塞で倒れ危篤状態に陥ったが一命を取り留め意識取り戻した。しかし、監督を続投することは不可能な状況であったため退任か決まった。

岡田武史(日本)

im_okada1【就任期間】2008年1月〜2010年6月
主な大会/2008東アジアサッカー選手権、2010南アフリカW杯予選、2010東アジアサッカー選手権、2010南アフリカW杯
試合成績/50試合、26勝・11敗・13分

イビチャ・オシム監督の退任後、日本サッカー協会から打診を受け就任。本大会前には選手の起用法や戦術に批判が殺到し、サポーターから解任要求の署名が提出された。しかし南アフリカW杯本大会ではグループリーグを2勝1敗の勝ち点6とし、国外開催大会で初めて決勝トーナメント進出を果たし大会終了後に退任しました。この時から本田圭佑選手が頭角を現し始めましたよね。

アルベルト・ザッケローニ(イタリア)

170879219-500x333【就任期間】2010年10月〜2014年6月
主な大会/2011AFCアジアカップ、2014コンフェデレーションズカップ、2014ブラジルW杯
試合成績/55試合 30勝・12分・13敗

セリエAの名門ACミラン、インテル、ユヴェントスなどビッグクラブでの監督経験が豊富であったため日本サッカー協会が目をつけ、初の代表チームの監督として日本代表監督に就任を依頼した。アジアカップ優勝、16試合連続無敗記録、コンフェデレーションズカップの善戦などから本大会は期待されたが、1分け2敗の勝ち点1に終わった。大会を終えて「大きな大会での経験が足りなかった。」「海外で、アウェーで親善試合を行い、相手チームのファンがたくさんいる前で勝つという経験をしていくことが大切だった。」と振り返っていた。

ハビエル・アギーレ(メキシコ)

Javier Aguirre (Espanyol), APRIL 6, 2014 - Football / Soccer : Spanish Primera Division "Liga BBVA (Espanola)" match between Sevilla FC 4-1 RCD Espanyol at Estadio Ramon Sanchez Pizjuan in Seville, Spain. (Photo by MarcaMedia/AFLO)【就任期間】2014年8月〜2015年2月
主な大会 / 2015AFCアジアカップ
試合成績/6試合3勝1分2敗

メキシコ代表監督として2002年W杯ベスト16・2010年W杯ベスト16の好成績を収めていることと日本人とメキシコ人に共通点が多いこともあり抜擢。クラブ監督としては、オサスナ、アトレティコ・マドリード、サラゴサ、エスパニョールなどのスペインの名門クラブでの指揮の経験もある。しかし、リーガ時代における八百長疑惑が浮上し告発が受理されたことを受け短期間での契約解除。

ヴァヒド・ハリルホジッチ(ユーゴスラビア、現ボスニア・ヘルツェゴビナ)

cached【就任期間】2015年3月〜
日本サッカーの問題点は攻撃のスピード不足であると就任以来述べており、素早い攻撃を目指し、課題に球際の弱さ・点取り屋の不在などを挙げており、ヨーロッパと比較して日本はサッカー新興国であり、あらゆる面で向上する余地があると指摘している。

Jリーグ発足以降これまでに10人の日本代表監督が生まれたが日本人は加茂周氏と岡田武史氏の2人しかいないのは、気にりますね。おそらく世界で活躍した日本人が少ないからではないかと思います。しかし、現在では日本人選手が世界と戦うことは普通の状況になってきました。今後、世界を経験した選手の中から3人目の日本人監督が出てきてくれることを心待ちにしたいと思います。

いいね!を押すと日本サッカー応援団サイトから最新情報が届きます♪

【関連記事】
・香川真司、2016年噂の移籍先は?
・岡崎慎司、ゴール動画トットナム戦!?
・太田宏介、フィテッセでの背番号・年俸は!?
・宇佐美貴史が海外移籍はバイエルンへの復帰を希望!?

Sponsored Links

 - 日本代表