横浜Fマリノス選手一覧背番号 | ☆日本サッカー応援団☆

☆日本サッカー応援団☆

〜気になる最新情報を随時更新〜

横浜Fマリノス選手一覧背番号

      2016/01/12

横浜Fマリノス

名門クラブ、横浜Fマリノスのクラブ情報、

選手情報をお届けいたします!

Sponsored Links

横浜Fマリノス クラブ情報

横浜Fマリノス[ホームタウン]
神奈川県/横浜市、横須賀市
[ホームスタジアム]
日産スタジアム(収容人数72,327)
ニッパツ三ツ沢球技場(収容人数15,454)
[クラブカラー]
ブルー・レッド・ホワイト
[横浜Fマリノス公式HP]
http://www.f-marinos.com/

☆これまでの戦績☆
【J1リーグ戦】
優勝:3回
(1995、2003、2004)
[ステージ優勝]:5回
(1995S、2000 1st、2003 1st、2003 2nd、2004 1st)
【リーグカップ戦】
優勝:1回(2001)
【天皇杯】
優勝:7回
(1983、1985、1988、1989、1991、1992、2013)
準優勝:1回
(1990)
【日本サッカーリーグ】
優勝:2回
(1988/89、1989/90)
準優勝:4回
(1983、1984、1990/91、1991/92)
【アジア・カップウィナーズカップ】
優勝:2回
(1991/92、1992/93)
【A3チャンピオンズカップ】
準優勝:1回
(2004)

Jリーグ初期から常にJ1に君臨しているチーム。

青、赤、白のトリコロールはいつ見ても胸を熱くさせてくれます。

ご存知の方も多いと思いますが、

もともとは、横浜マリノスと横浜フリューゲルスという別々のチームが、

合併して『横浜Fマリノス』という一つのチームになったことは有名ですよね。

当時は、クラブ名をどうするかでかなり揉めていました。

横浜フリューゲルスといえば、印象深いのがエドゥーの、

40mフリーキックですよね!

あの衝撃は今でも鮮明に覚えています!

実は、現在ガンバ大阪で活躍している遠藤保仁選手は、

元横浜フリューゲルスの選手なんですよ。

案外知らない方多いですよね!?

そして、私がサッカー選手を目指すきっかけを作ってくれた選手が、

前田治選手です。

現在は前田Fサッカースクールを立ち上げられ、

子どもたちにサッカーの指導をされているようです。

これまでの成績

横浜マリノス

年度 所属 ナビスコ杯 天皇杯 他公式 大会
1992 予選リーグ敗退 優勝  清水秀彦
1993 J・1st 18 11 7 3位 4位 予選リーグ敗退 ベスト8 ACWC92-93
優勝
J・2nd 18 10 8 3位
1994 J・1st 22 8 14 9位 6位 ベスト4 ベスト4 ACWC93-94
途中棄権
J・2nd 22 14 8 3位
1995 J・1st 26 52 17 9 優勝 優勝 2回戦敗退  ホルヘ・ソラリ[1]
早野宏史[2]
J・2nd 26 46 15 11 3位
1996 J 30 42 14 16 8位 予選リーグ敗退 3回戦敗退 ゼロックス杯 準優勝 三和銀杯 準優勝  早野宏史
1997 J・1st 16 28 11 5 5位 3位 ベスト4 4回戦敗退 ACC96-97
GL敗退
 ハビエル・アスカルゴルタ
J・2nd 16 32 12 4 3位
1998 J・1st 17 32 11 6 4位 4位 予選リーグ敗退 3回戦敗退
J・2nd 17 32 11 6 4位

 横浜フリューゲルス

年度 所属 ナビスコ杯 天皇杯 他公式
1992 グループリーグ敗退 2回戦敗退  加茂周
1993 1st 7位 18 8 10 24 21 ベスト4 優勝
2nd 7位 18 8 10 20 30
1994 1st 5位 22 13 9 36 27 2回戦敗退 2回戦敗退 ゼロックス杯
準優勝
2nd 8位 22 9 13 31 33
1995 1st 13位 26 9 17 42 54 2回戦敗退 ACWC94-95 優勝  木村文治[1]
アントニオ・カルロス・シルバ[2]
2nd 11位 26 11 15 36 57 ASC 優勝
1996 3位 30 21 9 58 44 グループリーグ敗退 4回戦敗退  オタシリオ
1997 1st 2位 16 12 4 35 16 ベスト4 準優勝
2nd 11位 16 7 9 23 27
1998 1st 8位 17 10 7 33 32 グループリーグ敗退 優勝  カルロス・レシャック[3]
ゲルト・エンゲルス[4]
2nd 7位 17 9 8 37 32
通算 228 117 111 375 373
横浜Fマリノス
横浜Fマリノス
年度 所属 ナビスコ杯 天皇杯 他公式 大会
1999 J1・1st 15 23 8 6 1 7位 5位 ベスト8 ベスト8  アントニオ・デラクルス
J1・2nd 15 30 10 3 2 3位
2000 J1・1st 15 30 10 5 0 優勝 2位 ベスト8 ベスト8  オズワルド・アルディレス
J1・2nd 15 24 8 6 1 5位
2001 J1・1st 15 11 3 10 2 15位 13位 優勝 3回戦敗退  オズワルド・アルディレス[3]
下條佳明[4]
セバスティアン・ラザロニ[5]
J1・2nd 15 19 6 6 3 10位
2002 J1・1st 15 33 11 1 3 2位 2位 予選リーグ敗退 4回戦敗退  セバスティアン・ラザロニ[6]
下條佳明[7]
J1・2nd 15 22 8 6 1 6位
2003 J1・1st 15 32 10 3 2 優勝 優勝 ベスト8 ベスト8  岡田武史
J1・2nd 15 26 7 3 5 優勝
2004 J1・1st 15 36 11 1 3 優勝 優勝 ベスト8 5回戦敗退 ゼロックス杯
準優勝
ACL2004
GL敗退
J1・2nd 15 23 6 4 5 6位 A3カップ2004
準優勝
2005 J1 34 48 12 10 12 9位 ベスト4 5回戦敗退 ゼロックス杯
準優勝
ACL2005 GL敗退
A3カップ2005 3位
2006 34 45 13 15 6 9位 ベスト4 ベスト8  岡田武史[8]
水沼貴史[9]
2007 34 50 14 12 8 7位 ベスト4 5回戦敗退  早野宏史
2008 34 48 13 12 9 9位 ベスト8 ベスト4  桑原隆[10]
木村浩吉[11]
2009 34 46 11 10 13 10位 ベスト4 4回戦敗退  木村浩吉
2010 34 51 15 13 6 8位 予選リーグ敗退 4回戦敗退  木村和司
2011 34 56 16 10 8 5位 ベスト8 ベスト4
2012 34 53 13 7 14 4位 予選リーグ敗退 ベスト4  樋口靖洋
2013 34 62 18 8 8 2位 ベスト4 優勝
2014 34 51 14 11 9 7位 ベスト8 3回戦敗退 ゼロックス杯
準優勝
ACL2014 GL敗退
2015 J1・1st 17 26 7 5 5 6位 予選リーグ敗退  エリク・モンバエルツ
J1・2nd 17
Sponsored Links

2015シーズン選手一覧

Pos. No. 選手名 生年月日 身長/体重 出身
GK 1 榎本 哲也 1983/05/02 180cm/76kg 神奈川県
GK 21 飯倉 大樹 1986/06/01 181cm/78kg 青森県
GK 30 田口 潤人 1996/09/28 181cm/70kg 愛知県
GK 31 鈴木 椋大 1994/02/10 191cm/85kg 愛知県
DF 2 天野 貴史 1986/04/13 163cm/61kg 神奈川県
DF 4 栗原 勇蔵 1983/09/18 184cm/80kg 神奈川県
DF 5 ファビオ 1989/02/28 186cm/78kg ブラジル
DF 13 小林 祐三 1985/11/15 176cm/72kg 東京都
DF 15 比嘉 祐介 1989/05/15 168cm/68kg 沖縄県
DF 22 中澤 佑二 1978/02/25 187cm/78kg 埼玉県
DF 23 下平 匠 1988/10/06 178cm/68kg 大阪府
DF 24 奈良輪 雄太 1987/08/29 172cm/65kg 神奈川県
DF 33 北谷 史孝 1995/08/18 180cm/70kg 大阪府
MF 6 三門 雄大 1986/12/26 174cm/70kg 埼玉県
MF 7 兵藤 慎剛 1985/07/29 172cm/68kg 長崎県
MF 8 中町 公祐 1985/09/01 174cm/74kg 埼玉県
MF 10 中村 俊輔 1978/06/24 178cm/70kg 神奈川県
MF 11 齋藤 学 1990/04/04 169cm/68kg 神奈川県
MF 14 熊谷 アンドリュー 1993/06/06 181cm/72kg 神奈川県
MF 25 藤本 淳吾 1984/03/24 173cm/69kg 神奈川県
MF 26 中島 賢星 1996/09/23 180cm/73kg 佐賀県
MF 28 喜田 拓也 1994/08/23 168cm/58kg 神奈川県
MF 29 天野 純 1991/07/19 175cm/60kg 神奈川県
FW 9 矢島 卓郎 1984/03/28 182cm/80kg 滋賀県
FW 16 伊藤 翔 1988/07/24 184cm/76kg 愛知県
FW 17 端戸 仁 1990/05/31 174cm/60kg 神奈川県
FW 18 ラフィーニャ 1987/06/30 172cm/75kg ブラジル
FW 19 仲川 輝人 1992/07/27 161cm/57kg 神奈川県
FW 39 アデミウソン 1994/01/09 176cm/74kg ブラジル
FW 40 和田 昌士 1997/04/11 176cm/74kg 神奈川県

注目プレーヤー

中村俊輔選手ph_10_18この顔ぶれの中でもやはり目を引くのは、

中村俊輔選手ですよね!

セリエA・レッジーナで3年プレーした後、

スコットランドリーグへ移籍。

2006-07シーズンではリーグトップの12アシストを挙げ、

スコットランドPFA年間最優秀選手賞、

スコティッシュ・プレミアリーグベストイレブン、

スコットランド・サッカー記者協会最優秀選手賞を受賞、

年間ベストゴール賞も獲得!

アジアの人間が欧州リーグでMVPを取るのは初めてで初の快挙を成し遂げた。

その後、リーガエスパニョーラへ移籍しましたが、

半年でマリノスへの移籍が決まりました。

正直その時は、大丈夫なのかなと心の中で思った自分がいました。

が、そんな心配をなぜしてしまったんだと、

後悔させられるほどの活躍でまたJリーグを、

盛り上げるところは流石スターだなと、

改めて感じさせられましたね。

これからの活躍にも期待ですね!

Sponsored Links

 - J1リーグ